今日中にお金が欲しい!すぐに必要な時の解決方法は?

MENU

今日中にお金が欲しい!すぐに必要な時どうすればいい?

 

今日中にお金が欲しいなら

カードローンで即日融資!

↓ ↓ ↓ ↓

 

今日中にお金が欲しい時どのようにして用立てれば良いのでしょうか?

 

「予想もしていなかった出費などで緊急にお金が必要になった」という経験は、誰しも一度はあるのではないでしょうか?

 

今日中にお金が欲しいのであれば、貯金を崩してしのげればよいですが中々そうもいきませんよね。

 

そこで今回は「今すぐお金がほしい場合」や「今日中にお金が欲しいとき」の用立て方法について解説していきたいと思います。

 

 

質屋やリサイクルショップで物を売る

 

今日中にお金が欲しい時は、「家にあるものをリサイクルショップや質屋に売りに行く」と言う方法を真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?

 

いらないものを店に持っていくだけで良いわけですから、今日中にお金が欲しいときはこれほど手軽にお金を手にする方法もそうはないでしょう。

 

ただ、高額な値段が付きにくいのが難点で、自分が希望する金額を手に入れるのは難しいです。

 

 

ブランドのバッグや財布、貴金属などをお持ちであれば、リサイクルショップよりも「質屋」に持っていくのが良いです。

 

質屋はブランド品などを買取を専門としていますので、高値が付きやすいです。

 

最近はネット上で無料査定を行っている業者も多いですから、複数社に査定の依頼をして比較してから決めるのが良いでしょう。

 

 

「高値が付くけど、どうしても売りたくない場合」は、質屋で買取ではなく借り入れをする手もあります。

 

品物を担保として預けることで、今日中にお金が欲しい場合でもお金を借りる事ができ、期限内に完済できれば預けた品物は手元に戻ります。

 

ただし、完済が出来なければ品物の手放すこととなります。

 

借り入れ金額は預けた品物に応じて決まりますので、いくらになるのかは実際に査定してもらわないと分かりません。

 

金融機関からお金を借りた場合返済できないと督促がありますが、質屋の場合は品物の所有権を失うだけで終わりで督促は特にありません。

 

 

即日融資可能なカードローンで借りる

 

カードローンなら条件さえ満たしていれば即日融資も可能です。

 

なので今日中にお金が欲しいのであれば、一番早く確実性が高い方法といえるのではないでしょうか?

 

ただ、いくら今日中にお金が欲しいからといって消費者金融で借金するのは抵抗があるという方も多いかもしれません。

 

その理由はテレビや映画でよく見かける「暴力的な取り立て」や「嫌がらせに遭うかもしれない」と思っているところが多いようです。

 

確かに一昔前はそのような業者も数多くありましたが、今は法規制によって悪徳業者は淘汰されていっており、きちんと登録を受けている貸金業者を利用すれば特に心配する必要はありません。

 

仮に返済に遅れたからといって、テレビで見かけるような取り立ては行いませんので、その点は安心して良いです。

 

もちろん返済期日はしっかりと守らなければいけませんが。

 

 

ただ、今日中にお金が欲しい場合でもカードローンならどの金融機関でも即日で借りれるわけではありません。

 

なので、金融業者選びから注意する必要があります。

 

金融業者によっては融資に1週間以上かかるところもあり、特に銀行は時間がかかるところが多いです。

 

今日中にお金が欲しい場合で即日融資を受けるのであれば、「大手消費者金融」がおすすめです。

 

大手なら基本的にどの業者も即日融資に対応していますので、その日に借りれる可能性が高いです。

 

 

即日融資を受けるにも条件がありますので、どのような条件があるのか申し込み前に必ず確認しましょう。

 

借入方法は口座振り込みとカード発行の2種類があります。

 

口座振込の場合は「インターネット上で全て契約を完了させること」ができ、自宅から一歩も外へ出ること無く融資を受けることも可能です。

 

外出している時間も惜しいほど時間がないという方も多いでしょうから、そういう方が今日中にお金が欲しい場合は、口座振り込みは非常にありがたい借入方法です。

 

注意点としては、時間制限があり非常に短いことであり、もしどうしても今日中にお金が欲しい場合は要注意でしょう。

 

口座振り込みは銀行の営業時間内でのみ反映されますので、時間外の振り込みは翌営業日以降に反映となります。

 

銀行の営業時間は9時〜15時が一般的ですので、この時間内に申し込みから契約手続きまで全て完了させ、振り込みしてもらう必要があります。

 

口座振り込みの場合、大体は平日の14時までに契約完了していないと、今日中にお金が欲しいとしても即日融資を受けることは出来ませんので、注意しましょう。

 

大手消費者金融は審査が早いですが、時間がかかることも多いですから、出来るだけ早めに申し込みを済ませておくことが大切です。

 

当然ながら土日に振り込みしてもらってもその日に反映されませんので、今日中にお金が欲しい場合はNGです。

 

口座振り込みはあくまでも平日のみ利用となりますので、土日に「今日中にお金が欲しい」となってもNGなので注意しましょう。

 

 

もう1つの方法であるカード発行は、自動契約機の営業時間内にカード発行できれば、今日中にお金が欲しい場合でもその日に融資を受けることが出来ます。

 

自動契約機は夜間や土日祝日も営業していますので、口座振り込みが間に合わない時に利用すると良いです。

 

ネットで申し込みを行い、審査通過後に自動契約機で契約手続きを済ませるだけですので、とっても簡単です。

 

 

カードローンは安定収入があれば、学生や主婦の今日中にお金が欲しい方でも利用可能です。

 

雇用形態の制限もないのでパート・アルバイトでも問題なく借入できます。

 

 

身内や友達にお金を借りる。

 

「銀行や消費者金融など金融機関からは借りたくない」「事情があってお金を借りれない」という場合は、親や親戚など身内や友人からお金を借りるのを検討してみてはどうでしょうか?

 

金額が何十万円何百万円といったように大きくなければ、今日中にお金が欲しいでも信頼度によっては借りることも難しくありません。

 

ただし、身内でのお金の貸し借りは気軽にできる反面トラブルになりやすい事を忘れてはいけません。

 

実際に親子の関係が悪くなった原因として「お金の貸し借り」が非常に多く、それだけ関係を悪化させてしまう恐れがあるということをきちんと理解しておきましょう。

 

 

今日中にお金が欲しいから身内や友達にお金を借りる場合でも、借用書はきちんと作るようにしましょう。

 

借り入れ金額や利息、返済日などしっかりと書面に残しておくことで信用を得ることができ、相手も安心して貸すことが出来ます。

 

お金を貸す側からすれば、いくら信頼していても本当に返してくれるのかと不安になるもの。

 

口約束だけですと余計に不安になりますから、少しでも相手に安心してもらえるように借用書は作りましょう。

 

 

利息はどれぐらいが良いのか分からないという方は多いかと思いますが、何も金融機関で借りるのと同じ金利設定にする必要はありません。

 

数%程度で良いので利息は必ず払うようにしましょう。

 

やはり、それだけ迷惑を欠けているわけですから、利息を払うというのはある種、当たり前のことでもあるのです。

 

どうしても利息が決められない場合は互いに話し合って決めるのが1番納得行くのではないでしょうか?

 

 

このように、今日中にお金が欲しいとき身内や友達から借りる場合でも、返済期日はきっちり守りましょう。

 

もし返済日に遅れる場合はその事を早めに伝え、何時までに返済できるのかもきちんと話しておきましょう。

 

そして、より信頼を得てもらいたいのであれば、遅延損害金も書類にキチンと記しておくことです。

 

こうすることで本気で返済してくれると相手も思ってくれますし、自分も必ず返済しようと言う気になるものです。

 

身内からの借金だからといって甘えたりせず、金融機関から借りている気持ちで借りるようにしましょう。

 

 

個人間融資は今日中に借りれるかもしれないが...

 

インターネット掲示板を通して「個人でお金の貸し借り」を行なう「個人間融資」をご存知でしょうか?

 

金融機関のように厳しい審査や面倒な書類提出がなく、今日中にお金が欲しい場合、気軽にお金の貸し借りを行なうことが出来るのが特徴です。

 

上手くいけば当日中にお金を借りることも出来ますので、今日中にお金が欲しいときには一見最適に思えます。

 

しかし個人間融資には便利な半面、危険な側面も持ち合わせていることを理解しておいてほしいです。

 

と言うのも、個人間融資の掲示板に書き込むのは何も本当に個人だけとは限らず、ヤミ金など悪徳業者が個人を装って書込していることもあるからです。

 

つまり個人間融資を利用して「詐欺まがい」のことをし、今日中にお金が欲しい人からお金や個人情報をだまし取ろうとしているということです。

 

個人間融資の掲示板を運営する会社は一切の責任をもってくれず、なにかトラブルが合った倍は当事者自身で解決してくださいと言うスタンスをとっていますので何の手助けもしてくれません。

 

要は完全自己責任の上で利用してくださいということになります。

 

 

個人間融資ではお金を借りるためにも「必ず身分を明かさなければいけない」という決まりになっています。

 

これは金融機関でお金を借りる場合も同じですから、特に抵抗もなく身分証明書を提示される方が殆どかと思います。

 

しかしここに落とし穴があり、悪徳業者はそれをいい事に身分証明書を提出してもらった後、音信不通になってしまうのです。

 

この手口は実際に被害に遭うまで見ぬくことが難しいことにあります。

 

身分を明かさないことにはお金を貸してもらうことが出来ませんので、身分を証明する書類はどうしても提出しなければいけません。

 

保証金や手数料といった名目で口座に振り込みを持ちかける手口も非常に多いです。

 

「融資するのに手数料がかかるから、返済能力を知りたいので指定の口座に〇〇円振り込んでください」など、様々な理由で口座に振り込みさせようとしてきます。

 

もちろん実際に振りこんだからといってお金を貸してもらえることはありません。

 

振り込んでもらった後、連絡が取れなくなります。

 

 

個人間融資は審査や面倒な手続きがありませんので、今日中にお金が欲しいという時には便利です。

 

しかし上記で紹介したように詐欺が横行していますので、今日中にお金が欲しいとしても出来れば利用は避けたいもの。

 

特に、すぐお金が欲しいなどの急いでいる人はターゲットになりやすいですから、個人間融資は利用しないのが良いでしょう。